不動産の売り買いの事

不動産売買のノウハウ

トップ / 不動産売買のノウハウ

土地活用についての情報

不動産の購入について

不動産を買うという事は、決して安いものではないので慎重に決断しなければいけません。その内容もさまざまです。土地だけを買い、まずは新しい建物を新築するケース。建売の新築住宅もしくは、新築マンションを買うケース。中古住宅や中古マンションを買うケース。どれも家庭の経済事情や家族構成により、よく検討すべきです。不動産を購入する際に現金一括などは、よほど金銭に余裕がある人でないと無理な話です。一般的にほとんどの人が、住宅ローンを組むのではないでしょうか。今、住宅ローンを組んだとして、失敗しないよう無理なく返済できるように組みましょう。

持ち家の即金化は損です

不動産の仲介業者の中には、即金買取OKと広告している会社もあります。一戸建てやマンションなどの売買には大抵は時間がかかり、物件の広告をはじめてから数ヶ月かかることは普通です。早く買い主が見つかったとしても、先方のローンの審査を待たなくてはなりません。早く売って代金を得たい人にとっては、即金化はとてもありがたいものです。業者が買い主になって売買取引をするのです。しかし、その買取相場は、流通している相場の7割の価格にしかなりません。3000万円で売りに出せる物件なら、2100万円で買取りますということなのです。どうしても緊急にお金が入用で他に手段がないという場合でない限り、避けた方がよいでしょう。