塗り替えで快適に

屋根の塗り替えで家を守る

トップ / 屋根の塗り替えで家を守る

土地活用についての情報

屋根の塗り替えをする

金属製の屋根板で施工されている住宅は、定期的に屋根板の塗り替えを行うことで、雨漏り防止対策に大きな効果が得られます。屋根板が古くなってしまうと、太陽の直射日光の熱で、反り返りやすくなるのですが、適切に塗装をしておくことで、急激な温度上昇を抑制することが出来るようになります。屋根板の表面温度の急激な上昇を抑制できれば、それだけ屋根板の反り返り現象も軽減できます。屋根板を塗り替えておけば、雨漏りの発生も予防できます。なお、雨漏りを予防できれば、それだけ住宅そのものの寿命も長くなるというメリットがあります。

リフォームするために

密集した都心部には、住宅があちらこちらに建ち並んでいます。そして、敷地ギリギリに建てた家は、20年30年と経過していくうちに古くなり室内のリフォームが必要になるのです。都心にも長屋で暮らしている方がいて、自宅を壊して新築を建てるということは難しく、家を綺麗にするのならリフォームが一番良い方法なのです。残せる柱や土台はそのままにして回りの壁や修復が必要な箇所だけ手入れをして、新築同様の作りにすることは今の技術で十分可能になります。なので、改築前自宅をどの様に使っていきたいのか相談しましょう。