賃貸契約にかかる費用

賃貸契約時の費用とは

トップ / 賃貸契約時の費用とは

土地活用についての情報

賃貸契約をする時の初期費用

賃貸契約を正式に交わす時には、まとまった金額のお金が必要です。これを初期費用といって、借りる物件の家賃の6か月分が大体の目安です。その内訳は、敷金と礼金がそれぞれ家賃の2か月分、翌月分の家賃を前払いする前家賃1か月分、賃貸物件を仲介した不動産会社に支払う仲介手数料1か月分が目安です。また実際に契約をする時には、玄関の鍵の交換費用や借家人賠償特約の付いた火災保険の保険料を一括で支払うなど、諸費用が追加されるのが一般的です。

マンション選びのポイント

住まい選びでは、一戸建てとマンションがありますが、マンションの魅力の一つは、所有者が費用を分担することでできる、充実した管理サービスです。 一戸建てに住んでいて、管理人さんを常駐させることなど非現実的ですが、共同住宅なら、毎月手ごろな費用でそれがかないます。 共同住宅では、その為の管理費と、エントランスや廊下などの設備維持のため、修繕積立金を毎月支払います。 物件の購入金額、住宅ローンで購入する場合は毎月の返済額のほかに、ランニングコストである管理費と修繕積立金の金額もあらかじめ確認しておきましょう。